大阪の美容専門学校でプロになろう!

いろいろある美容液の種類

美容液は美容成分が凝縮して配合されており乳液のようなもの、ジェル状のものなどさまざまな種類があります。

美容液で不足している成分を肌に補う事ができます。大きくわけると美白、保湿、しわ、たるみ対策用に分ける事ができます。肌の悩みにあわせて選んだ方が効果があります。敏感肌の方、乾燥肌の方は保湿用を使うと効果的です。肌の水分を補い乾燥を防ぐ事ができるので小じわを防ぐ効果があります。しみ、そばかす、薄いしみや色素沈着した肌を本来の肌色に戻したい方には美白用が適しています。

しみの原因となるメラニン色素が作られるのを防ぐことができ、肌のターンオーバーを促す事ができます。小さなしみやそばかすなら消す事ができます。はりや弾力がなくなってきた肌の改善にはしわ、たるみ用美容液が効果的です。年齢とともに少なくなるコラーゲンを補う事ができます。成分を補給する事で予防、改善する事はできますがはっきりしたしわやほうれい線を消す事はできません。美容液を選ぶ時には含まれている成分に注意します。

保湿用成分として効果が高いものはコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などです。美白用成分はビタミンC誘導体、アルブチン、こうじ酸などです。医薬部外品と書かれているものは厚生労働省が認めた有効成分が含まれているので安心です。たるみ対策にはビタミンC誘導体、レチノールなどの成分が含まれているものが有効です。コラーゲンの成分を増やすのに効果があります。肌の役割にあう美容液を選ぶ事が肌の老化対策に効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *