ウォーターサーバーのメリット

自然災害や安心して水が飲みたいという希望から、ウォーターサーバーを購入する人が増えてきています。

ウォーターサーバーとは、水の容器をセットして冷水やお湯が出るようになる冷水熱水器具のことをいいます。

サーバーをレンタル契約で設置する方法とサーバーを購入して水の宅配を依頼する方式の二種類があります。

ウォーターサーバーを設置するメリットとしては、水は宅配してもらうことができるため水を買いに行く手間や重い荷物を持ち運びする手間が省くことができます。

冷水とお湯をすぐに飲むことができるため氷で冷やしたりお湯を沸かすことがなくなり、85~90度程度のお湯が出るため赤ちゃんのミルクを作るのが簡単になったり、コーヒーやお茶を入れるのに快適です。



ミネラルウォーターを飲んでいると冷蔵庫にスペースを作る必要がありますが、その場所をとることがなくなります。



また、ある程度水を確保することができるため災害時の水不足などにも備えることができるというメリットがあります。



しかし、水を交換する手間があったり、設置スペースが必要になる、音が気になってしまうことがあるなどのデメリットもあるため注意が必要です。


費用の面では電気代以外にも、購入代やレンタル代、メンテナンス費用、設置費用、水自体の費用や配達料金などの費用がかかるため総合的にコストを考えてから購入することが大切です。

また、解約する時も手数料がかかります。

購入する前にしっかり契約やサービスをチェックしてから購入することが大切です。