ウォーターサーバーのワンウェイボトルの特徴

ウォーターサーバーで利用できるボトルにワンウェイボトルがあります。


これはいわゆる使い捨てのボトルであり、使用済みになったものを業者が回収せずに自分で処分します。

意外とサイズが大きいため処分の手間はかかりますが、保管しておかなくても良いので便利です。

ただし、未使用のボトルは中身が入っているので保管するスペースは必要になります。



使い捨てであるため環境的には良いとは言えず、費用も高めになります。



また、ウォーターサーバーで水を出すとボトルが潰れていくので外見が悪くなります。


安全面には問題がないのですが、潰れるときにバキバキと音が鳴ってしまうので、人によっては不安に感じてしまうなどのデメリットがありますが、いくつものメリットもあります。
ボトルが潰れていくので、ガロンボトルのように外気を取り込まずに済むため、1本を利用し終わるまでに時間がかかる場合でも、ボトル内で雑菌が繁殖する危険性が少なくなります。
また、使い捨てであるため衛生的なので、消毒や殺菌がされていても使い回されているガロンボトルに不安を感じている人でも安心して利用できます。



会社によってはボトルではなくビニールパックになっているものもあり、この場合は処分の際にかさばらず、水を出したときに潰れる音も出ません。

ワンウェイボトルが利用できるウォーターサーバーはどの会社でも扱っているわけではないため、これを扱っているかということも会社選びのポイントになります。

扱っている会社の数は多いので、見つからずに困ることはありません。