ウォーターサーバーの水の賞味期限はいつまでか

ウォーターサーバーの水の賞味期限ですが、ボトルをまだ開封していない場合なら数か月から長くて一年くらいと考えられています。

とは言っても、いくら未開封でも古くならないうちに飲んだ方がいいでしょう。


開封した場合は二週間に内に飲んだ方がいいとされています。
大体ボトルには10リットルくらい入っている所が多いです。

二週間で飲む量として考えても決して無理のある数字ではありません。

意識しなくても飲み終わるくらいの量です。

ちなみにウォーターサーバーの水はRO膜で不純物をろ過した純度が高いRO水と、特定の採水地から採取した天然水の二つに分かれています。



天然水の方も、水に含まれるミネラルなどはそのままにしつつ、有害物質は除去していますから安全性は高めです。

このRO水か天然水かでも賞味期限が大きく変化します。
賞味期限の長いのはRO水の方です。

水に混ざっている不純物のうち、99パーセント以上を排除していることから雑菌が繁殖しにくい水質になっていることが賞味期限の長さに繋がっています。

大体半年から一年くらいの賞味期限が設定されています。

天然水は身体に不足しがちなミネラルを飲むだけ補給できる点は魅力ですが、純度が高い水とは異なった性質のものですから、賞味期限は三か月くらいに設定されています。



ウォーターサーバーを選ぶ場合は、水質の純度や含まれているミネラル以外にも賞味期限の長さについても考えて選んでいくようにしていくといいでしょう。